【読書感想・要約】プロが語る胸アツ「神」漫画【鬼滅と天使なんかじゃないの切っても切れない関係】

コラム
スポンサーリンク

2021年10月に発売されたばかりの『プロが語る胸アツ「神」漫画』という本を読みました。

この記事の概要

〇『プロが語る胸アツ「神」漫画』とはどんな本か?
〇『鬼滅の刃』と『天使なんかじゃない』の切っても切れない関係性から学ぶ作品の多角的な楽しみかた
〇構成から学ぶ「伝わる」コンテンツの作り方
スポンサーリンク

『プロが語る胸アツ「神」漫画』とはどんな本か?



『プロが語る胸アツ「神」漫画』は、プロの漫画家によって書かれた漫画分析本です。

1981年に13歳で少女漫画家としてデビューし、現在も現役の漫画家として活躍する「日本一漫画に詳しい漫画家」こと「きたがわ翔」さん(男性)が書いた本です。代表作としては反町隆史さん主演でTVドラマにもなった『ホットマン』が有名です。

『プロが語る胸アツ「神」漫画』は漫画史全体の歴史を掘り下げるというよりは、時代を変えた名作もしくは漫画家を、各章ごとに取り上げてて深掘りする構成になっています。

作品単体だけでなく作者の生い立ちや、作者が影響されたであろう影響された過去の作品、当時の時代背景までを掘り下げて「なぜこの作品があのタイミングで生み出され、そして名作として名を残すことになったのか」ということを多角的に分析しています。

全部で5つの章からなり、

  1. 普及の名作『ドカベン』と『スラムダンク』
  2. 少女漫画を変革した萩尾望都①
  3. 少女漫画を変革した萩尾望都②
  4. 「鴨川つばめ」が残したもの
  5. 『鬼滅の刃』の少女漫画要素

という構成になっています。

新書ということもありそこまでボリュームはなくあとがきまで含めても200ページくらいです。数時間あれば読み切れてしまいます。

『鬼滅の刃』と『天使なんかじゃない』の切っても切れない関係性から学ぶ作品の多角的な楽しみかた

『プロが語る胸アツ「神」漫画』では各章ごとに漫画の作品を取り上げて、その作品を深掘りしていくという手法を取っています。

作品単体ではなく、作者の生い立ちや当時の時代背景や、作者が過去に影響を受けたであろう別の作品にまで思考をめぐらしています。作品を単体の「点」ではなく「点」と「点」をつないで「線」として楽しむにはどう向き合えばよいのかということを学術的ではなく楽しんで読める形で伝えてくれます。

別の言い方をすれば、作品だけを見るのではなく、作品に関する「歴史」を学ぶことで、その作品や、作品を生み出した作者を「立体的」に楽しむコツを惜しみなく披露してくれているとも言えます。

最後の章である「『鬼滅の刃』の少女漫画要素」では、なぜ『鬼滅の刃』がここまでヒットしたのか、もっと具体的に言えば、なぜ30~40代の女性の間で大人気になったのかということについて分析されています。

鬼滅の刃を作品単体で分析する場合

『鬼滅の刃』という作品単体から分析すると、主人公の炭治郎の「やさしさ=共感力」が女性に支持される大きなポイントとして考察されています。

主人公の炭治郎は「妹を守るため」に強くなります。要は「自分のためにではなく人の為」に強くなります。「宇宙で一番強くなりてぇ」とか「俺は世界一強くなりたいんだ」といった、自分の欲求を満たすための考え方とは真逆です。

また、炭治郎は敵の鬼を倒した後も、朽ちていく鬼の手を取り、ぎゅっと握り「次に生まれてくるときは鬼になんてなりませんように」と心から願います。『鬼滅の刃』では必殺技がどういった理屈で繰り出されるのかといったロジカルな部分よりも、「かわいそうな相手に共感する」ことのような「エモーショナル」な部分のほうがよっぽど重きを置いて描写されています。

必殺技の仕組みなどは重要視せず、優しい心をもった主人公が相手のために戦い、敵対しつつも最後は共感するという構造は、たしかに女性にウケそうな要因が満載です。

『プロが語る胸アツ「神」漫画』では、炭治郎は女性にとって「理想的な息子の象徴」であると結論付けています。たしかに、共感力があり他人の気持ちを思いやることができる優しい心の持ち主であると同時に、家族(きょうだい)を助けるためには、やるときはやるという強い意志も持ち合わせているという個性は完全に理想の息子像ですね。30~40代の女性の間で大人気になるのも納得できます。

このほかにも、『鬼滅の刃』という作品単体の掘り下げだけでも、「真の悪人はほとんど出てこない」とか「仲間同士の仲が良い」といった要素が作品の読み易さを支えているという本質的な部分にも触れています。

鬼滅の刃を多角的に分析する場合

鬼滅の刃を多角的に分析する場合は、『鬼滅の刃』そのものではなく、「なぜ『鬼滅の刃』という作品が生み出されることになったのか?」という視点で作者の生い立ちや、作者が影響を受けたであろう過去の作品や、時代の背景について掘り下げていきます。

『鬼滅の刃』の作者である吾峠先生に関してはほとんど情報がないので生い立ちや過去の出来事などを掘り下げることが難しいのですが、おそらく女性作家であるということはわかっています。

『プロが語る胸アツ「神」漫画』では、少女漫画で多用されている「登場人物が読者に向けた語りかける心の声」であるモノローグが、『鬼滅の刃』でも良く使われていることから、『鬼滅の刃』の作者である吾峠先生は少女漫画からの影響を多く受けているのではないかと推測しています。

そして、少女漫画の名でも、もはや伝説的な少女漫画家になりつつある矢沢あい先生の『天使なんかじゃない』から多くの影響を受けているのではないかと分析しています。

特に印象的だったのは、キャラクター同士の関係性です。『鬼滅の刃』でも『天使なんかじゃない』でも、「素直で元気な主人公とそれを支えるクールなキャラクター」という構造を採用しているという分析です。

素直で元気な主人公は『鬼滅の刃』なら炭治郎で、『天使なんかじゃない』なら冴島翠(さえじまみどり)、主人公を支えるクールなキャラクターは、富岡義勇に対して麻宮裕子という対比になっているのだそうです。面白いのは作品間で性別が逆転しているところですね。

他にも絵柄の類似点や「せつない表情」の使いどころなど、全部書いたらきりがないくらい共通点が解説されています。

このような、作品単体で読んでいるととうてい気づきもしないことをページをめくるたびにハッと気づかせてくれるのが『プロが語る胸アツ「神」漫画』という本です。

しかしながら、私は『鬼滅の刃』はキャラクターの名前とあらすじを知っている程度、『天使なんかじゃない』に関してはタイトルすら知りませんでした。ハッという気づきに関しては第1章で解説されているスラムダンクとドカベンの切っても切れない深い関係についてのほうがよっぽど多かったです。しかし、ここであえて『鬼滅の刃』と『天使なんかじゃない』の関係について語られている第5章について書こうと思ったのにはワケがあります。

わたしは会社の昼休み中もよく読書をしているのですが、『プロが語る胸アツ「神」漫画』を昼休みに読んでいる時に、同僚の総務の女性から声をかけられました。

わたしよりちょっと年上の方なので30代後半にさしかかるくらいの方です。

何を読んでいるのか聞かれたので、ざっくりと『プロが語る胸アツ「神」漫画』について伝えました。質問されたからなんか質問を返そうと思い「好きな少女漫画は何ですか?」と聞いてみました。

すると、実はかなりの漫画ファンだったらしくかなり真剣に悩んでくれたうえに、「うーんやっぱり『てんない』だねー」と教えてくれました。

「てんない??(変な名前のまんがだなぁ)」と聞き返すと、「あーわかんないかぁ、『天使なんかじゃない』のことをそうやって言うんだよ」と教えてくれました。

わたしが「作者は誰ですか?」と聞くと「矢沢あいだよー。NANAとかの」ときたので、そこでやっと「あー!知ってますよ。あとパラダイス何とかってのも有名ですよね!」「パラキスね!」みたいな感じで盛り上がりました。NANAやパラダイスキスは私でもタイトルを知っているくらい有名な作品なのですが、その方にとっては『天使なんかじゃない』が人生でベストの作品だということを聞いて、どんな作品なのか興味が沸きました。

その後も話が弾み、「最近だとやっぱり鬼滅が一番よかった。コミック全部買っちゃった」ということも教えてくれました。

そのときわたしはまだ『プロが語る胸アツ「神」漫画』の途中までしか読んでいなかったので、最後の章で『鬼滅の刃』と『天使なんかじゃない』の深い関係性がとことん解説されているなんて思ってもいませんでした。

そんな会話があった後、『プロが語る胸アツ「神」漫画』の第5章『鬼滅の刃』の少女漫画要素を読み進めれば読み進めるほど

「うわーこれあの同僚のひとが言ってたことをさらに論理的にわかりやすく解説してるわ。ほとんど予言の書だな‥‥

というおもしろい体験をできました。むしろ『プロが語る胸アツ「神」漫画』は、私のような30代中盤の男性よりも、昼休みに話した同年代の女性にめちゃくちゃハマる本なんじゃないのかと思います。あまりにも書いてあった内容と総務の方が話していた内容がリンクしてたので、読み終わった『プロが語る胸アツ「神」漫画』を『天使なんかじゃない』がベスト作品だと言っていた同僚に貸してみました。感想が楽しみです。

『プロが語る胸アツ「神」漫画』を読むことで「鬼滅の刃と少女漫画の関係性」を知識として知り、同僚の女性との会話を通じて、その「信憑性」も体験としても経験できました。『プロが語る胸アツ「神」漫画』は、作品単体ではなく関連するいろんな要素を考慮して、作品を多角的、立体的に考察する醍醐味を味わう楽しさを気づかせてくれました。

構成から学ぶ「伝わる」コンテンツの作り方

『プロが語る胸アツ「神」漫画』は内容もさることながら「構成が素晴らしいな」という印象を受けました。

というのも、これは私の憶測なのですが、1981年生まれで現在53歳、ご自身も少女漫画家である著者のきたがわ翔さんが『プロが語る胸アツ「神」漫画』を執筆した理由は、ご自身が青春時代を送っていた頃にとても影響を受け、そして現在も影響を受け続けている作品の作者(作家)2名をもっといろんな人に知ってもらいたいという気持ちからではないかと思います。

書籍の構成でいうところの第2~4章にあたります。

・少女漫画を変革した「萩尾望都」(2~3章)
・「鴨川つばめ」が残したもの(4章)

そもそも『プロが語る胸アツ「神」漫画』が執筆されるきっかけとなったのは、『山田礼司ときたがわ翔のれいとしょう』というトーク番組です。

『山田礼司のヤングサンデー』というこれまた長いこと漫画家として活躍されている山田礼司さん(きたがわ翔さんのいっこ年上)のネット番組があるのですが、その番組のスピンオフとして、友人同士である山田礼司ときたがわ翔の2人が好きな漫画をとことん掘り下げる『山田礼司ときたがわ翔のれいとしょう』で語られてきたことをまとめた本が、『プロが語る胸アツ「神」漫画』です。

『れいとしょう』の第1回のテーマは、きたがわ翔さんが小学校の時にチャンピオンで連載が始まった鴨川つばめさんの『マカロニほうれん荘』というギャグマンガ作品についてでした。

そして『れいとしょう』の第2回目のテーマが伝説的少女漫画家である「萩尾望都」さんについての解説でした。

『山田礼司ときたがわ翔のれいとしょう』は、トーク番組といっても地上波ではなくネット動画で、かつ『山田礼司のヤングサンデー』のスピンオフという形で試験的に始められた「おためし企画」のようなものでした。なので第1回目を撮った時点で、第2回、第3回と続けていくかどうかはまだ決まっていなかったはずです。

何が言いたいのかというと、次があるかわからないトーク番組の第1回目に取り上げられたテーマは「きたがわ翔さんがホントウに、一番語りたかったことなんだろうな」ということです。

番組の話題性や分かりやすさを気にするのであれば第1回のテーマとして数十年前に連載されていた世間的にはあまり知名度が高いとは言えないギャグ漫画ではなく、だれでも知っている作品や現在流行している作品を取り上げるべきです。それでもきたがわ翔さんは『れいとしょう』の第1回目に鴨川つばめさんを、第2回目に萩尾望都さんをテーマとして選んでいます。

とはいえ現在30代中盤の男性である私は、「萩尾望都」さんも「鴨川つばめ」さんも『れいとしょう』を視聴するまで知りませんでした。

そこで、『プロが語る胸アツ「神」漫画』という書籍を出版するにあたっては、あえて第1章に普及の名作『ドカベン』と『スラムダンク』という、読んだことはないにしてもタイトルやあらすじくらいは日本人なら誰でも知っている作品を置く構成になっています。

幅広い読者に楽しんで読んでもらいたいという意気込みが伝わってきます。

そして最後の章で、2021年の現時点で現在進行形で流行している『鬼滅の刃』を持ってくることで、「わかりやすさ」の印象を書籍全体に持たせようとしているのではないでしょうか。

つまり

【集客】第1章『スラムダンク』と『ドカベン』で幅広い層に『プロが語る胸アツ「神」漫画』とはどういう本なのかをアピール

【表現】第2~4章では、第1章でここをつかんだお客さん(読者)に対して、きたがわ翔さんが本当に伝えたかったことをたたきつける

【クロージング】最後の第5章で、現在進行形で話題になっている『鬼滅の刃』に対する深い考察を置くことで「なんだかいい本をだったな」という印象を与える

という構造になっているのではないかと解釈しました。

まとめ

この記事では以下の3点について解説しました。

〇『プロが語る胸アツ「神」漫画』とはどんな本か?

プロの漫画家によって書かれた漫画分析本。作品単体だけでなく作者の生い立ちや、作者が影響されたであろう影響された過去の作品、当時の時代背景までを掘り下げて「なぜこの作品があのタイミングで生み出され、そして名作として名を残すことになったのか」ということを多角的、立体的にに分析しています。

〇『鬼滅の刃』と『天使なんかじゃない』の切っても切れない関係性から学ぶ作品の多角的な楽しみかた

作者の生い立ちや、作者が影響を受けたであろう過去の作品や、時代の背景について掘り下げることで、「なぜその作品が生まれたのか?」といったように作品を多角的、立体的に楽しむためのコツが惜しみなく紹介されています。

〇構成から学ぶ「伝わる」コンテンツの作り方

世間の認知度が高い情報でホントウに書きたいことや伝えたいことを挟むことによって受け手に届きやすくなります。第1章『スラムダンク』と『ドカベン』で幅広い層に『プロが語る胸アツ「神」漫画』とはどういう本なのかをアピールし、第2~4章では、第1章でここをつかんだお客さん(読者)に対して、きたがわ翔さんが本当に伝えたかったことをたたきつける。最後の第5章で、現在進行形で話題になっている『鬼滅の刃』に対する深い考察を置くことで「なんだかいい本をだったな」という印象を与えるという構造になっています。

『プロが語る胸アツ「神」漫画』の元ネタ『れいとしょう』

【漫画家による極限の漫画分析】れいとしょう#08『鬼滅の刃』完全解説

ネットのトーク番組である本書の元ネタの『れいとしょう』では、ご自身もプロのマンガ家であるきたがわ翔さんが、テーマとして取り上げる作品の名場面をスケッチブックに模写した絵を見せながら解説が進んでいきます。

この模写がとてつもなく上手く、絵を見ているだけでも「絵うまッ!」という楽しみ方ができるのが大きなウリになっています。もうすでに一般的には触れることができない過去のマニアックな名作の要点だけを模写してストーリーを説明してくれたりもするので、まるで漫画の名作読み切りを読んでいるような気分になれる回もあります。

『プロが語る胸アツ「神」漫画』でも、この模写が多く掲載されているのかなと期待していましたが、『れいとしょう』で使用されていた模写は掲載されていませんでした。各章の最後に、テーマとして取り上げた作品のキャラクターをきたがわ翔さんが自分の作品風の絵柄で描いたらどんな感じになるのか?といったような挿絵が掲載されている程度に抑えられていました。

書籍なので文章がメインであることは納得ですし、ネットと書籍では他の作品をとりあつかう規約が違うのかもしれないので仕方のないことではありますが、『れいとしょう』でのスケッチブックにかかれた高品質な模写が掲載されていることをうっすら期待していたので、ちょっとだけ残念でした。

とはいえ、『プロが語る胸アツ「神」漫画』は名著であることは間違いありません。

作品単体ではなく、作品を取り巻く時代や作者の生い立ちから立体的に作品を楽しむコツを学ぶもよし、文章や各章の構成から読み手にどういった印象を与えることが狙いなのか、という、作り手の意図を学ぶのもよし。といったように学べることが多い書籍でした。

ぜひとも手に取って読んでみていただきたいです。

『山田礼司ときたがわ翔のれいとしょう』もオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました