ZENBU(ゼンブヌードル)でラーメンを調理して食べた感想【レシピ/糖質オフ/グルテンフリー】

スポンサーリンク

以前、妻がネットでZENB(ゼンブヌードル)を注文してくれたことがきっかけでを食べることになり、いまでは通常のパスタの代わりにZENB(ゼンブヌードル)を買うようにしたという記事を書きました。

ZENB(ゼンブヌードル)まずい?おいしい?食べてみた感想
公式サイトによれば、ZENB(ゼンブヌードル)は原材料は豆100%、1食で1日に必要な半分の食物繊維がとれる、糖質30%オフといった、めちゃくちゃ体に良さげな商品です。黄えんどうまめを皮まで丸ごと使った、まるでパスタのような見た目の商品です。

その記事の反応が良かったので気をよくして第二段の記事を書くことにしました!

記事の内容は

〇ZENB(ゼンブヌードル)とは
〇ZENB(ゼンブヌードル)でラーメンを調理して食べてみた感想(ゆで汁込み)
〇ZENB(ゼンブヌードル)がAmazonで取り扱い開始されたけど公式よりだいぶ高い!?

となっています。

スポンサーリンク

ZENB(ゼンブヌードル)とは

まずはそもそもZENB(ゼンブヌードル)とは何なのかを解説させていただきますね。

公式サイトによれば、ZENB(ゼンブヌードル)は原材料は豆100%、1食で1日に必要な半分の食物繊維がとれる、糖質30%オフ、もちろんグルテンフリーといった、めちゃくちゃ体に良さげな商品です。黄えんどうまめを皮まで丸ごと使った、まるでパスタのような見た目の商品です。ミツカンのグループ会社の株式会社ZENB JAPANから発売されています。

ZENB(ゼンブヌードル)を食べることになったきっかけや、ZENB(ゼンブヌードル)を使って色んなパスタをつくって食べてみた感想についてはこちらの記事をどうぞ。

ZENB(ゼンブヌードル)でラーメンを作って食べてみた感想(ゆで汁込み)

いままでZENB(ゼンブヌードル)を使ってパスタしか作ってこなかったのですが、今日の昼ごはんにラーメンを作ってみました。ZENB(ゼンブヌードル)を茹でたゆで汁も飲むことができることを知っていたので、ラーメンのスープとして使ってみました。

全体的な見た目

ラーメンとして盛りつけた感じはこんな具体です。どうでしょう?誰が見たってラーメンではないでしょうか?(あえて横に塩コショウを置いてラーメンに見える印象付けを狙っているのはナイショです。笑)

具はシンプルに青ネギと生卵とスモークチキンの薄切りだけです。スープにはZENB(ゼンブヌードル)を茹でたゆで汁を使いました。ゆで汁の味は、そのままでラーメンのスープとして使うにはかなり物足りないのでめんつゆで味付けしました。

スープ

スープはこんな感じです。家に木製のレンゲしかなかったのでスープそのものの色はちょっとわかりにくいですが、あんまり透き通っている感じの見た目ではありません。

ZENB(ゼンブヌードル)を茹でたゆで汁は普通のパスタを茹でたお湯よりも濁っています。そこに、麺つゆで味付けをしたので、より濁りが濃くなりました。ZENB(ゼンブヌードル)を茹でたゆで汁で透き通ったラーメンのスープは作れないんじゃないでしょうか。

ラーメンとして器に盛りつける前に、ゆで汁をそのまま飲んでみました。

黄エンドウ豆由来のやさしいうまみがほんのりとは感じられますが、そのままラーメンのスープとして使うには味が薄すぎます。あまり深く考えないで、味を見ながらめんつゆを足していきました。

どんな味のスープになるのかは、めんつゆをどれくらい加えるかのさじ加減にもよると思いますが、今回はなかなかおいしいスープになってくれました。

麺はこんな感じです。ZENB(ゼンブヌードル)はラーメンで例えるなら中太のストレート麺といったところです。

パスタの麺としてZENB(ゼンブヌードル)を使うと、わりとざらざらとしている食感(100%黄エンドウ豆から作られているので)が特徴的に感じられますが、ラーメンとしてZENB(ゼンブヌードル)を使った感想としては、ざらざら感がかなり抑えられてツルツル感が増していました。

私はZENB(ゼンブヌードル)のざらざら感も好きなので特に気にならないのですが、ツルツルの麺が好きな方は一般的なパスタのようなソースに絡めるスタイルよりも、ラーメンやうどんのようにスープにひたす調理法のほうが良いのではないでしょうか。パスタもスープパスタにすれば麺をひたす形で調理できますね。

食べた感想

あまりにもありきたりすぎますが「とてもおいしかった」です。スープを全部飲むつもりはなかったのですが、おいしかったから飲み干してしまいました。とはいえ豆100%で、豊富な食物繊維と植物性たんぱく質がウリのZENB(ゼンブヌードル)を茹でたゆで汁ですので、一般的なラーメンのスープを飲むよりはよっぽど健康的です。

麺は、麺そのものに豆由来のうまみがあるため、奥行きのあるやさしい味でした。今回、具として使った青ネギや生卵や鶏肉との相性もバツグンでした。まぁ豆100%だからそりゃ和風な食材との相性いいですよね。笑

ZENB(ゼンブヌードル)には麺の芯がしっかりしているという特徴があります。原料が100%豆であるという点にに由来しているのだと思います。公式の作り方が推奨する通り麺を6分ゆでた上に、ブログに書くために写真を数枚とっていたので「あ、やばい、麺が伸びちゃったかな」と思たのですがそんなことは全くありませんでした。

麺をかんだときに芯に弾力があり絶妙な噛みごたえがあって、味だけでなく食感でもおいしさを感じることができました。

ZENB(ゼンブヌードル)がAmazonで取り扱い開始されたけど公式よりだいぶ高い!?

ZENB(ゼンブヌードル)が発表されたのが2020年9月30日(水)のようです。しばらく公式サイトからしか購入できなかったのですが、2021/10/11からAmazonでの取り扱いが開始されています。

「お、アマゾンで買えるなら便利じゃん。買ってみよっかな」

と思っていただけたのであれば、この記事を読んで少しでもZENB(ゼンブヌードル)に興味を持っていただけたということかなと思いますのでうれしい限りです、が!1点だけ忠告させていただきたいです。

この記事を書いている2021年10月24日時点の話ではありますが、ZENB(ゼンブヌードル)は公式サイトで販売されている価格とAmazonで販売されている価格にかなりのギャップがあります。

まずアマゾンの販売価格がこちらです。

4食分ソースがついているタイプのみの取り扱いで3,980円です。

1食約1,000円くらいの計算です。外食に行ってパスタを頼めばこれくらいの金額は妥当かと思いますが、家で自分で作るパスタとしてはかなりコストが高いと言わざるを得ません。

Amazonに比べて公式サイトで購入する場合は、4食分ソースがついているタイプ(味は違う)で約半額の1,584円です。これなら1食398円です。まぁ市販のパスタと比べればそれでもまだまだ効果ですが、原材料は豆100%、1食で1日に必要な半分の食物繊維がとれる、糖質30%オフ、もちろんグルテンフリーといった、めちゃくちゃ体に良さげな商品であることを考えれば決して高すぎる価格ではないと思います。

公式サイトなら同じ金額でソースなしの8束麺のみという選択肢もあります。

これなら、味付けのコストは考えなければ一食198円とかなりリーズナブルな金額までコストを抑えることができます。1食1,000円のアマゾンと比べると公式サイトのほうがかなりお得です。

ZENB(ゼンブヌードル)の記事第一弾でも書きましたが、我が家では普通のパスタを買わずにゼンブヌードルに置き換えることにしました。

ついこないだも妻が公式サイトで追加購入してくれました。

話のネタにもなりますし、なによりフツーにおいしいので、少しでも興味があるのでしたら購入してみてはいかがでしょうか。

食事法ライフハックのまとめ記事ができました!

ZENB(ゼンブヌードル)の特徴は、原材料は豆100%、1食で1日に必要な半分の食物繊維がとれる、糖質30%オフ、もちろんグルテンフリーという点です。

ここ数カ月、食事を見直すことで健康になるためのライフハックを色々と模索していたのですが、ZENB(ゼンブヌードル)と出会えたことで一番大きなハードルだったグルテンフリーと気楽に向き合えるようになり、最終的に自分に合った健康的な食事習慣スタイルを確立できました。

それなりの数の本を読んで色んな手法を学び、それぞれ実際に試してみて自分の体で合う合わないないかを検証済みです。決して無理なスタイルではなく楽しんで継続できています。

まとめ記事にしたのでZENB(ゼンブヌードル)を食生活に取り言えるグルテンフリー戦略以外にも、どんな食事法ライフハックがあるのか気になる方は是非こちらの記事を読んでみてください。

【体験談】食事法ライフハックTOP3!自分で試してみて効果があった方法を厳選して紹介
ホントウに効果があったと実感しているTOP3を紹介。 ・タバコはやめてお酒は控える ・16時間断食 ・血糖値の上がりやすい食品を避ける(低GI食品を選ぶ) くわえてちょっとハードルが高いおまけ3選も紹介してます。

ZENB(ゼンブヌードル)と検索すると、実は関連キーワードに「まずい」と出てきます。その真相は!?
ゆでてから味付けする前、味付けした後のZENB(ゼンブヌードル)を食べてみた感想が気になる方はこちらの記事もどうぞ。

ZENB(ゼンブヌードル)まずい?おいしい?食べてみた感想
公式サイトによれば、ZENB(ゼンブヌードル)は原材料は豆100%、1食で1日に必要な半分の食物繊維がとれる、糖質30%オフといった、めちゃくちゃ体に良さげな商品です。黄えんどうまめを皮まで丸ごと使った、まるでパスタのような見た目の商品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました